ブログトップ

Vixen PORTAII R130Sf通販ガイド

vixenr130s.exblog.jp

Vixen PORTAII R130Sfの天体望遠鏡としての性能やお買い得情報などを調べました

タグ:ビクセン R130Sf 通販 ( 3 ) タグの人気記事

Vixen PORTAII R130Sfの仕様一覧です。

■接眼部パーツ取付サイズ:ネジ込み/42mmTリング用ネジ、差し込み/31.7mm
■接眼レンズ31.7mm:PL20(33倍・89分)、PL6.3mm(103倍・30分)
■鏡筒部サイズ:長さ572mm、外径160mm
■鏡筒部重量:5.3kg(本体4.0kg)
■架台:ポルタII経緯台■上下・水平動:ウォーム全周微動・上
■有効径:130mm
■焦点距離:650mm
■口径比:1:5
■集光力:肉眼の345倍
■極限等級:12.3等星
■分解能:0.89秒
■下水平微動ハンドル付、上下左右フリーストップ・固さ調整機構付
■鏡筒着脱:アタッチメント着脱方式(鏡筒落下防止ネジ付)
■経緯台重量:5.7kg
■三脚:アルミ製2段伸縮式三脚(アクセサリートレイ付)
■三脚サイズ:長さ90~130cm
■写真撮影:拡大・直焦・デジカメ撮影可
■総重量:11kg
■材質:アルミ合金、光学ガラス
■保証書:5年
■付属品:PL20mm、PL6.3mm(S)
■対物レンズ:反射式・放物面・マルチコート

初心者の方で周りに詳しい人がいる場合は、この仕様表からもVixen PORTAII R130Sfのことが説明していただけると思います。

>>Vixen PORTAII R130Sf の詳細はこちら
[PR]
by cheerfulfrog2011 | 2011-04-08 12:32 | 仕様
Vixen PORTAII R130Sfをおススメできる便利な装備や機能のご紹介


1.フリーストップ機構

鏡筒は手で持てば自在に動かせて、手を離した位置で固定されるフリーストップ式を採用。
(初心者が不注意に鏡筒を動かしても、位置がずれない)

2.全周微動ハンドル

全周微動機構の採用で、動く範囲は無制限、望遠鏡の操作がとても滑らかです。
また、微動ハンドルの位置を45度ごとに調整可能で、鏡筒サイズなどに合わせて使いやすい位置に変更できます。

3.楽な鏡筒の着脱

アリミゾ式の採用により、鏡筒の乗せ替えが自由自在
ミニポルタ経緯台に別の鏡筒を装着したり、あるいはミニポルタシリーズの鏡筒をSXやGP2などの赤道儀に乗せるなどのシステムアップが簡単な操作でできます。

4.ワンタッチ着脱

ハンドルネジ1つで架台部と三脚の取り付け、取り外しできる。
収納や運搬が楽になります。(車載の際にも便利)

>>Vixen PORTAII R130Sf の詳細はこちら
[PR]
by cheerfulfrog2011 | 2011-04-07 11:08 | 便利な装備や機能
実際にR130Sfを使用して天体観測を楽しんでいる方の使用感です。

この望遠鏡は初心者にもたいへん扱いやすいです。

テラスやベランダからでも気軽に天体観察ができます。
(うちのベランダは、ちょっと広めですが...)


組み立ても簡単で、星を見るまでの時間が短くてすみます。

部屋や車から持ち出したらすぐに星に向けて観測がはじめられるのも良い点です。

軽量ながらも大変しっかりとした作りなので、月のクレーター、土星の環、木星の模様などの天体を、きちんと観測できる望遠鏡です。

望遠鏡の操作はフリーストップ式です。

フリーストップ式というのは、手を離したところで望遠鏡が止まる構造で、見たい星に望遠鏡を向けるのがとても簡単です。

また、上下左右のそれぞれに微動ハンドルが付いているので、正確にすばやく目的の星を中心に持ってくることができます。


>>Vixen PORTAII R130Sf の詳細はこちら
[PR]
by cheerfulfrog2011 | 2011-04-06 22:51 | 口コミ、評価